青汁王子のTwitterドラマを素直な心で鑑賞する

SNS・ソーシャルメディア

最近は気温が急に上がって毎日がつらいですね。スーツを着なきゃいけない人や外回りの営業をしている人は本当にお疲れ様です。僕はいつもより少し室温の高いオフィスで仕事をしているのですが、暑さは生産性を下げますよね。集中力が下がると仕事中についTwitterを見てしまいますよね。

最近のTwitterは不祥事や事件ばかりが拡散されなんか居心地悪いみたいなことも言われていましたが、そのような状況を打破するかのようにひとりの天才が登場しました。

青汁王子こと三崎優太さんは健康食品の通販を中心に稼ぎまくって金があることと金を使うことでメディア露出をしていました。しかしその後約1億8千万円を脱税したとして法人税法違反に問われてしまい、求刑は懲役2年ですがまだ判決は出ていません。

そんな青汁王子こと三崎優太さんの復活までのストーリーがTwitterで公開されています。

これまで見逃してしまった方のためにダイジェスト版をお送りします。これを見れば話に追いつくことができますので今からでも楽しむことが可能です。

逮捕のあとは心を入れ替えて焼き鳥屋で一から修行をすることにしたそうです。

なぜ焼き鳥屋という選択をしたのかは凡人には理解できません。

焼き鳥屋での修行と熱心なアプローチが実を結び、ついに出資先候補が見つかり面談に行けることになる。

アルバイト先で出会った女性とお付き合いを始めることに。

仕事もプライベートもうまくいきそう。このまま青汁王子の復活か!?

彼女に4℃の指輪をプレゼント。プレゼントは金額ではない。

ハリーウィンストンと対比させられた4℃にとってはただの風評被害。

いろんなことがうまく回り始めたと思ったその矢先に・・・

順調に進んでいた出資の話がなくなってしまう・・

反社ならまだしも法人税法違反でこんなことになってしまうとは。

さらに不運は重なるもので、お付き合いをしてたった20日の彼女とまったく連絡がとれなくなってしまう。

元彼とメシ行ってくるわというのを素直に送り出す心の広い青汁王子。

それにしても彼女大丈夫か・・

人間は行動したことによる後悔より行動しなかったときの後悔を大きく感じるものである。

連絡がとれず心配なので渋谷警察署に相談。

警察は「君のことを忘れ、元彼を選んだんじゃない?」とアドバイス。

最近の警察は恋愛相談にも乗ってくれるのは知らなかった。

LINEや電話で連絡がとれないので、Twitterに手紙をアップするという天才的な手法を思いつく。

彼女はどこでなにを考えているのだろうか。

不安を胸に抱え家に帰ると、、、

別れはいつも突然訪れる。

LINEではなくあえて置き手紙をするというのが古風な方である。わざわざ自筆でメッセージを残すというのはそこまでして伝えたいものがあったのだろう。

彼女との喧嘩や別れ、SNSでの失敗を反省し、山に行く。そこで彼女との思い出を燃やし自分を見つめ直す。

自分に正直になり新たな希望を求め勇気を出してDMを送るが、その内容をTwitterに晒されてしまう。

SNSでの失敗を反省し山に行ったのだが、その日にSNSでメッセージを送るという同じ過ちを繰り返してしまう。

さらに以前客として訪れていたキャバクラ嬢の知り合いにも冷たくされる。

傷口に塗るのは一般的には塩なのだが、傷口に泥を塗り込まれるほど傷つく。

しかしここで相手がLINEのやりとりの一部始終を公開したことで衝撃の事実が発覚する。

この「おじさんLINEごっこ」のようなメッセージは本当に青汁王子のものなのか・・

ちなみにLINEは「三崎青汁さん 痛」で登録されているようである。

「Twitterが唯一の楽しみでいいねのためならバカにされても構わない、RTだけが生きる希望である」はまさに名言。

「SNSをやめる」と言った3日後にはSNSが唯一の楽しみになっている。見方によっては朝令暮改にもみえるこの意思決定力が、彼を成功に導いた重要なポイントであったことは間違いないだろう。

女心を学ぶために女装をして考えるという斬新な手法を取り入れる。常にユーザーの目線で考えるというのが体に染み付いているのだろう。

今後の動向からますます目が離せない。この物語は現在も進行中である。