絶対できる!よくある読書ができない理由と言い訳を順番に論破する

昔から読書家には憧れてましたし本を読む人と読まない人はすぐわかるな〜って感じがあったので高校生くらいから始めて特に大学時代から新卒くらいにかけてかなり読書してましたし、いまでも年間50冊〜100冊くらいは読書するかなって感じです。

 

普通に生きていれば読書っていいよねってことに気付くんですが、読まない読めない理由ってのがいくつかあってだいたいこの3点くらいなんですよね。

  1. 本を読む時間がない
  2. どの本がいいのかわからない
  3. 読書にはお金がかかる

 

他人が数年かけて体験して整理した知識を数時間で吸収、追体験できるのはめちゃくちゃ効率的なわけなのでこれができないのはもったいない。

 

問題1.本を読む時間がない

これは本を読む時間がないということはなく、優先順位の話なので問題にあたりませんね。ネットサーフィンをする時間、Twitterインスタを見る時間、テレビ、Netflixを見る時間など削れるものはいくらでもあります。それなのに本を読む時間がないというのは本当に読みたいわけではないので読みたくなるまで待ちましょう。

 

問題2.どの本を読めばいいのかわからない

そもそも数千数万冊あるなかから最適なものを選ぼうとするのが無理があるのでとりあえず数をこなすことです。そうすればだいたいいい本悪い本が感覚でわかってきます。まずは自分の尊敬する人とか参考にしている人がおすすめしている本を片っ端から買ってみればいいんじゃないでしょうか。

 

問題3.読書にはお金がかかる

今回一番言いたいのはここなんです。たしかに大学生の頃は1冊数千円出すのは失敗できなかったですし、給料20,30万だったら手当たり次第買ってくのは難しい。(それでもせいぜい月に5,000円から1万円なんだから買ってもいいと思いますけどね。)

ところが現在ではメルカリやラクマ、カウルといったCtoCフリマがあるのでこの問題が完全に解決されました。

 

メルカリがあれば読書はタダ

だって読みたい本があったらこれらのフリマで一番安いやつ買うじゃないですか。そして読み終わったらフリマで出品すればほぼ無料みたいなもんですよね。かかるのは送料(クリックポストで160円くらい)くらいで購入した金額と同じくらいの金額で売却できるわけですよ。たまに買った金額よりも高い金額で売れることだってあるし。

何回も繰り返し読みたい本は取っておけばいいんですけど実際読み返す本なんてかなり限られますよね。書庫作って本のコレクターになるのも一時期憧れたこともありましたがそんなものは必要ないのですべて売ってしまいましょう。そしてどうしてもまた読みたくなったらまた買いましょう。

 

もっとお得に読みたいなら

新刊でもほぼタダで読めるのでどう考えてもやった方がいいんですが、もっとコストを抑えるために僕がやっていることはYahooショッピングで本を買うというものです。

これがなんでいいかと言うと、まず本なんて書店で買ってもAmazonで買っても商品は同じじゃないですか。ソフトバンクユーザーがYahooショッピングの5のつく日に購入すると実質15%オフくらいで本が買えるんですね。そうすると新刊を購入しても数週間で読み終えてフリマに出せば購入した金額を切ることはほとんどないし、むしろ高くなることも多くなります。

ということで著者や出版社は厳しい時代になっているというのはそりゃそうだという感じなんですが、彼らには本を売るというところ以外で稼いでもらうことにして、ユーザーとしてはできるだけコストを抑えて巨人の肩に乗せてもらいましょうよ。

 

blog.mineryu.tokyo

blog.mineryu.tokyo