転職者に一番大事なのは学習棄却(アンラーン)ができるからしい

毎日書くことが重要だと始めたけどそろそろ大変になってきました。

転職ってまじでストレスありそう

そんな人が働いているのかすべてはわからないし、仕事内容だって不明(いくら説明したってしきれない)。同業界同職種ならまだいいけど、それでも会社ごとに進め方とか違いますよね。起業の場合もやること決まってないし目標もないし金もないし人もいないしそれはそれで死ぬんだけど、雇われて生きる人も基本的に他人より自己評価は高いものだし要望も高いので大変。

転職するなら学習棄却(アンラーン)が大事

「前の職場ではこうでした」とか参考にはするしよいものは取り入れるけど基本知らんからね。素直な人がいいとかみんな言うけどほんと。最近この記事にめちゃめちゃうなずきました。引用してる部分以外もすごく参考になります。

corp.en-japan.com

『過去の会社で培った信念、仕事の仕方を棄却することを「学習棄却(unlearn)」と言います。中途入社者はかつて自分が勤務していた組織で獲得した業務のやり方、知識、技能、信念のうち、現在の組織で通用しないものを捨てる必要があるのです。以前の企業で身につけた知識や技能は思っている以上に通用しないことが多いからです。

学習棄却(アンラーン)って意識しないと絶対にできないんですよ。数字などの目に見える結果で表現できる仕事ならいいんだけど基本的にはそんな簡単なことはないですし、自分の実力だと思ってたことが実は会社のネームバリューのおかげであったり組織の力だったということを転職後に知ることになるから大変です。

またアンラーンって転職者だけじゃなくて自分自身にも問い続けないと、現在の思考法や手段が正しいと思ってしまうんですよね。

転職礼賛も違うかもしれない

いやなら辞めればいいし転職はもっと進めばいいと思ってるのですが、なにも考えず浅いキャリアプランを書いたり軽い関心だけで転職を進めるのは本人にとってかえって逆効果なのかなと思ったりもしました。

転職も成功する人は成功し続けるし、失敗する人は失敗し続けるのかなあと。すぐ辞める人は自分の希望にぴったり合う職場を引くまでくじを引き続けるんだろうし、そういった点でいうと経験企業数もひとつの参考にはなるのかもしれません。 

blog.mineryu.tokyo

blog.mineryu.tokyo