OS X El Capitanにアップデートしたらメールが死んだからAirmailにした

待ちに待ったOS X El Capitanアップデート。

OS X El Capitan - Apple(日本)

 

 

機能の記事もたくさん読んだし、これは人柱になろうと即アップデートやと思って即やったんですが・・

 

mac純正メールアプリ死んだ!

 

 

死んだというのはメールが消えたとかではなくアプリケーションが開かない。

メールが予期しない理由で終了しまくる・・

 

使っているのはIMAP独自ドメインGmailとpopのメールいくつかなんだけど調べても同じ症状の人いないんですがなんでなんで。

 

なにこれどういうこととmacが涙で濡れ始めたが泣いていてもしょうがないので新しいメールクライアントを探すことに。

 

Gmailのデスクトップ版でも最悪いいんですけど引用したりするとおかしくなるし、オフラインで見れないし複数アドレス運用が面倒だしどうしようということでAirmail2がまずまずいいということを知ったのでとりあえず購入。高い。

 

airmailapp.com

Airmail2のいいところ

IMAP、POPとりあえず登録できる

・スワイプでアーカイブなど結構細かいこともできる

 

Airmail2のよくないところ

・アカウントアイコンがきもい

・引用して返信するとおかしい(設定の問題?)

・フォントがいまいち(変更できる?)

 

純正アプリも復活をまだ調べているところなので知っている方は教えてくださると助かります・・いやほんとに

 

 

*1

もちろん再起動してもOSの再インストールしても直らなかったのでこれはGeniusBarに持っていくしかないと予約しようとするも最短で3日後・・・

メール直したいのに3日待てへんがなというか平日に行けるほど暇じゃないし・・・

 

ということで3,000円かかるのを覚悟して電話サポートに問い合わせることにしたがアップデートに関する問題だったので今回は費用はかからないことに。

 

画面共有しながらいろいろと試し解決するまで約2時間・・・・

 

問題はとあるアカウントの設定がアップデートの際にうまく引き継げなかったためらしく、昨日思い切って消してしまったメールもTimeCapsuleでバックアップとっておいたのである程度復元。

 

メールが消えてしまったって人もおそらくデータはPC内には残っていてそれがうまくメールに反映されないだけだと思うのでそれを探すか、そこまで詳しくない人はGeniusbarか電話サポートで解決すると思うよ。

 

Appleの対応、電話サポートはくそなのかと思ってましたが今回は神サポートでした。

MacBook購入させて頂きます。

早く次のMacBook出ないかな。

 

 

 

 

 

*1:追記