本読むマーケターのひとりごと

役には立たない読書メモ

働き方

#ゼロヒャク教科書 は100年使える学び方の指針だった「0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書」落合陽一

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書 作者: 落合陽一 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/11/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ↑目次や要約はリンクから 70歳80歳、もしかすると90才?…

副業を考えたなら「複業の教科書」で失敗しないためのポイントを学ぶ

複業の教科書 作者: 西村創一朗 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2018/12/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 西村さんは以前からTwitterでよく見かけて参考にもしてたのですが、ふと彼が複業に関…

仕事の量は質を生むが、ほとんどの人に長時間労働は必要ない

仕事において「量が質に転化する」「最初の2年は量をこなせ」というのが本当か検証するために起業家の働き方を調べてみた。その上で長時間労働がなぜ脆化に結びついていないのかを考察してみました。

何も考えずにリモートワークの流行に乗ると痛い目に合うんじゃないか?

最近話題になることが多いリモートワークや在宅勤務のよさの一方、なぜリモートワークが進まないのか、リモートワークは全員におすすめするべきではないと考える理由について書いてみました。

ベンチャーにありがちな思いつきの福利厚生がうまくいかない理由

部活動に毎月千円の補助とかw“内装を綺麗にして移転パーティをしたり、やたらとチームランチや飲み会があったり。部活動の支援?なんで?なんでそんなものに会社がお金を出すの?”求人広告や採用広報って本当に必要なの?|Yoshiki Kojima|https://t.co/gIl…

マーケターになるために必要な能力は基礎的な読み書きのスキル

マーケティングやマーケターに必要な能力として様々な点が上げられ議論されていますが、実はマーケターに必要な能力は読むことや書くことといったもっと基礎的なスキルなのではないかという話。

転職者に一番大事なのは学習棄却(アンラーン)ができるからしい

毎日書くことが重要だと始めたけどそろそろ大変になってきました。 転職ってまじでストレスありそう そんな人が働いているのかすべてはわからないし、仕事内容だって不明(いくら説明したってしきれない)。同業界同職種ならまだいいけど、それでも会社ごと…

評価経済における口コミデザイン-ベッキーの仕事がなくなる理由 革命のファンファーレ | 西野 亮廣

既存のAIDMAとかAISASといった消費者モデルが好感度と信用の違い、認知と人気の違いによって変化している。フリーミアムのようにマネタイズの転換が出版等あらゆる業界で起こるなかで個人の信頼や信頼が価値をもつ評価経済とは。西野 亮廣氏革命のファンファ…

『お金2.0』時代にお金ではなく何を稼ぐべきなのか

既存の経済システムの再確認と分散化によって変わる未来において個人としてどのように生きていくべきのか。 『お金2.0』新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)佐藤作者: 佐藤航陽

あなたの仕事が終わらないのは当たり前だという話『1440分の使い方-成功者たちの時間管理15の秘訣』

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 作者: ケビン・クルーズ 出版社/メーカー: パンローリング株式会社 発売日: 2017/08/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 2018年スタートはいい本を読みました。 本書で学べること 読書やスポ…

多動力を発揮するために必要なこと『多動力』堀江貴文

昨日途中まで書いたのに下書きのしかた間違えて泣いています。 今後どう生きていこうかなあと考えていたときに堀江さんの本(堀江さん、幻冬舎、ニューズピックスあたりが一緒にプロモーションやるとやっぱ強いわい)Kindleでダウンロード。 堀江さんの本を2…